プロフィール

torino

Author:torino
FC2ブログへようこそ!

現在の位置

夜更かし競馬予想~細々とやってます~
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年06月

麻雀時計 ver.筒子(ピンズ)



無料ブログパーツ

カテゴリーメニュー 改

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

過去ログ +

2017年 08月 【3件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【8件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【7件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【10件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【8件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【6件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【8件】
2016年 03月 【9件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【10件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【7件】
2015年 07月 【5件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【9件】
2015年 02月 【7件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【11件】
2014年 10月 【9件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【6件】
2014年 06月 【7件】
2014年 05月 【11件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【12件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【9件】
2013年 11月 【13件】
2013年 10月 【16件】
2013年 09月 【8件】
2013年 08月 【8件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【7件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【10件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【9件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【7件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【9件】
2012年 03月 【8件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【11件】
2011年 11月 【15件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【16件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【14件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【8件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【11件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【10件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【10件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【13件】
2009年 05月 【11件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【12件】
2009年 01月 【8件】
2008年 12月 【11件】
2008年 11月 【13件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【16件】
2008年 05月 【17件】
2008年 04月 【15件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【12件】
2007年 11月 【16件】
2007年 10月 【17件】
2007年 09月 【18件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【17件】
2007年 05月 【20件】
2007年 04月 【21件】
2007年 03月 【22件】
2007年 02月 【10件】

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグリスト 改

札幌記念北九州記念単勝エルムステークスエルムS関屋記念小倉記念レパードSレパードステークスアイビスサマーダッシュアイビスサマーDクイーンステークスクイーンSアイビスSD小倉サマージャンプ小倉サマーJ函館2歳S函館2歳ステークス中京記念マーキュリーカップマーキュリーC函館記念プロキオンステークスプロキオンS七夕賞CBC賞ラジオNIKKEI賞G1宝塚記念東京ジャンプステークス東京ジャンプS函館SSユニコーンステークス函館スプリントステークス函館スプリントSユニコーンSマーメイドSマーメイドステークスエプソムカップエプソムC海外G1ベルモントSベルモントステークス安田記念鳴尾記念東京優駿ダービー目黒記念日本ダービー京都ハイジャンプ京都ハイJ優駿牝馬オークス平安ステークス平安SヴィクトリアマイルヴィクトリアM京王杯SC京王杯スプリングC京王杯スプリングカップNHKマイルカップ新潟大賞典NHKマイルC京都新聞杯天皇賞(春)天皇賞・春クイーンエリザベス2世Cクイーンエリザベス2世カップ天皇賞青葉賞ダービートライアルダービーTRフローラステークスフローラSオークスTRマイラーズカップオークストライアルマイラーズC福島牝馬ステークス福島牝馬S皐月賞中山グランドジャンプ中山グランドJ中山GJアンタレスSアンタレスステークスJ・G1桜花賞阪神牝馬ステークスNZTNHKマイルカップトライアルNHKマイルCトライアルNHKマイルCTRニュージーランドTNHKマイルカップTRニュージーランドトロフィー阪神牝馬S大阪杯ダービー卿チャレンジTダービー卿チャレンジトロフィーダービー卿CTマーチSマーチステークス高松宮記念フラワーCフラワーカップ阪神大賞典スプリングステークス皐月賞TRスプリングS皐月賞トライアルファルコンステークスファルコンS中山牝馬S桜花賞トライアル桜花賞TRフィリーズレビュー中山牝馬ステークスフィリーズR阪神スプリングジャンプ阪神スプリングJ金鯱賞弥生賞オーシャンSオーシャンステークスチューリップ賞阪急杯中山記念アーリントンCアーリントンカップ小倉大賞典フェブラリーSフェブラリーステークスダイヤモンドステークス京都牝馬ステークスダイヤモンドS京都牝馬S京都記念共同通信杯クイーンカップクイーンC東京新聞杯きさらぎ賞根岸ステークスシルクロードステークス根岸SシルクロードSアメリカジョッキークラブカップ東海S東海ステークスAJC杯AJCCアメリカJCCアメリカジョッキーCCアメリカジョッキークラブC日経新春杯京成杯愛知杯フェアリーステークスシンザン記念フェアリーS中山金杯金杯京都金杯有馬記念ホープフルステークスホープフルS阪神C阪神カップ中山大障害朝日杯FS朝日杯フューチュリティS朝日杯フューチュリティステークスターコイズSターコイズステークスカペラステークスカペラS阪神ジュベナイルF阪神JF阪神ジュベナイルフィリーズ香港マイル香港国際競走香港スプリント香港ヴァーズ香港カップチャレンジカップチャレンジCチャンピオンズカップチャンピオンズCステイヤーズSステイヤーズステークス京阪杯ジャパンCジャパンカップ京都2歳S京都2歳ステークスマイルチャンピオンSマイルチャンピオンシップマイルCS東京スポーツ杯2歳ステークス東スポ杯2歳S東京スポーツ杯2歳S東スポ杯2歳ステークス福島記念エリザベス女王杯武蔵野ステークス京都ジャンプSデイリー杯2歳ステークス京都ジャンプステークスデイリー杯2歳S武蔵野SみやこステークスAR共和国杯みやこSアルゼンチン共和国杯ブリーダーズCフィリー&メアターフBCフィリー&メアターフブリーダーズカップフィリー&メアターフ京王杯2歳SファンタジーSファンタジーステークス京王杯2歳ステークスJBCクラシックJBCJpn1JBCスプリントJBCレディスクラシック天皇賞(秋)天皇賞・秋スワンSアルテミスSアルテミスステークススワンステークス菊花賞富士ステークス富士S秋華賞東京ハイジャンプ東京ハイJ府中牝馬ステークス府中牝馬S南部杯マイルチャンピオンシップ南部杯マイルCS南部杯京都大賞典毎日王冠サウジアラビアロイヤルカップサウジアラビアRCサウジアラビアロイヤルCスプリンターズステークス凱旋門賞スプリンターズSシリウスSシリウスステークス産経賞オールカマー神戸新聞杯オールカマー菊花賞トライアル菊花賞TRレディスプレリュード秋華賞トライアルローズSローズステークス秋華賞TRセントライト記念阪神ジャンプステークス阪神ジャンプS京成杯AH京成杯オータムHセントウルS京成杯オータムハンデセントウルステークス紫苑ステークス紫苑S新潟記念小倉2歳S小倉2歳ステークス札幌2歳ステークス札幌2歳S新潟2歳ステークスキーンランドカップキーンランドC新潟2歳S新潟ジャンプS新潟ジャンプステークス毎日杯日経賞中日新聞杯収支競馬2015収支報告テレ玉杯オーバルスプリント兵庫CS兵庫チャンピオンS兵庫チャンピオンシップかしわ記念かきつばた記念順位予想プロ野球パ・リーグセ・リーグ2014いちょうSいちょうステークス2013ラジオNIKKEI杯2歳SJ・G1ラジオNIKKEI杯2歳ステークス朝日チャレンジC朝日CC朝日チャレンジカップジャパンカップダートジャパンCダートJCダート東北楽天ゴールデンイーグルスアジアシリーズ楽天イーグルス楽天日本シリーズ天皇賞・秋クライマックスシリーズCS日本テレビ盃永井怜永井星野星野智樹則本則本昂大佐賀記念2012名古屋グランプリ2011谷澤恵里香アイドリング!!!谷澤8号7号卒業フォンチースパイアー解雇戦力外戦力外通告北海道日本ハムファイターズ日本ハム栗山英樹栗山日本ハムファイターズ栗山新監督栗山監督解説シリーズ逆予想逆シリーズ予想裏予想三谷幸喜三谷監督ステキな金縛りソフトバンク中日福岡ソフトバンクホークス予想ソフトバンクホークス中日ドラゴンズヤクルト秦真司巨人野村ID読売ジャイアンツコーチ橋上秀樹橋上ID野球村中恭兵ヤクルトスワローズ村中東京ヤクルトスワローズ天皇賞(秋)田中将大田中マーくんマー君ゴチ12田山涼成ゴチになりますゴチクビレースデッドボールダルビッシュ謝罪与死球25号後藤郁タモリブラタモリ観戦星野監督星野仙一阪神タイガース阪神岩隈内村聖澤高須オールスターゲームオールスター渡辺渡辺直人教え子野村監督ノムさんシダックスボヤキ野村野村克也引退魁皇岩村明憲岩村さや侍松本人志監督野見伊武雅刀映画プリンセス・トヨトミ4番山崎山崎武司山崎武新外国人ガルシア中谷初勝利ルーキー塩見貴洋塩見自腹天皇賞(春)東日本大震災岩隈久志打線やざパイ草野ゴチになります!ぐるナイ北原里英横山由依指原莉乃yetAKB48Not大島優子南海皆川睦雄皆川南海ホークスモーニング娘。愛ちゃん高橋愛朝日杯香川照之正岡子規坂の上の雲横浜渡辺直トレード横山典清田ロッテ渡辺俊G1スワンS富士S府中牝馬Sデイリー杯2歳S新監督参謀役スプリンターズSシリウスS札幌2歳S監督解任ブラウン10勝2年連続2ケタエルムS阪神ジャンプSローズSブラウン監督采配京成杯AHセントウルS朝日チャレンジC朝日CC福盛リンデン監督批判ストーブリーグ松井稼頭央新潟2歳S小倉2歳SキーンランドCレパードS新潟ジャンプSクイーンS

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

夜更かし競馬予想~細々とやってます~
<2014.1.5よりタイトル変更しました>週末に中央競馬の重賞中心に買い目を載せてます。単勝が基本です。気が向いた時には競馬予想以外の記事も更新します。
競馬予想2007~ラジオNIKKEI賞&函館SS~
函館 函館スプリントS(Jpn3)
単勝 16番 ブラックバースピン(四位) 

福島 ラジオNIKKEI賞(Jpn3)
単勝 15番 エーシンダードマン(柴田善)
スポンサーサイト
リーグ戦再開でなく再開”幕”?
2007年のプロ野球も交流戦が終わり、29日(金)から通常のリーグ戦が再開します。
そこで、昨年の交流戦成績とリーグ戦再開後10試合の各チームの成績を調べてみました。
昨年のシーズン成績順に並べてあります。

☆パ・リーグ(左:交流戦 右:リーグ戦再開後10試合)
日本ハム   17勝19敗(リーグ4位)→10勝0敗
西武     19勝16敗1分(リーグ3位)→6勝3敗1分
ソフトバンク 20勝16敗(リーグ2位)→6勝3敗1分
ロッテ    23勝13敗(リーグ1位)→3勝7敗
オリックス  12勝24敗(リーグ6位)→2勝8敗
楽天     17勝19敗(リーグ4位)→2勝8敗
 
☆セ・リーグ(左:交流戦 右:リーグ戦再開後10試合)
中日   20勝15敗1分(リーグ3位)→6勝3敗1分
阪神   21勝15敗(リーグ2位)→4勝5敗1分
ヤクルト 22勝14敗(リーグ1位)→5勝5敗
巨人   13勝23敗(リーグ6位)→2勝8敗
広島   16勝20敗(リーグ4位)→4勝4敗2分
横浜   15勝21敗(リーグ5位)→7勝3敗

リーグ戦再開でリズムをつかむ、あるいは開幕時のようにダッシュをかけることが意外に重要なようです。

パ・リーグは昨年その傾向がはっきりしていて、
交流戦優勝のロッテはリーグ戦にその勢いを持ち込めなかったようです。
対照的に日本ハムは交流戦こそ負け越しましたが、
リーグ再開後10試合は負けなし(交流戦最終戦と合わせると11連勝)でした。

セ・リーグの場合は、横浜のようにリーグ戦再開後は好調でも最終的には浮上できなかったりと
パ・リーグほど連動してないけど、
それでも上位では中日だけが勝ち越してリズム良くリーグ戦に入ったり、
巨人は交流戦大失速の悪い流れをリーグ戦にも引きずって浮上できなかったりしています。
それでもちょっとセ・リーグはこじつけすぎかな・・・?(苦笑)
マー君が締めた交流戦2007
6/26(火) 楽天 10-6 巨人

雨天中止の振替で、この試合が楽天の交流戦最終試合。
巨人相手に野村監督は田中をぶつけて勝利。
今年は巨人に3連敗でしたから、ようやく野村野球の面目躍如といったところでしょうか。

本来は永井の順番でしたが、「マー君がどれくらいのモンか評価するのにはいい」(監督)
ということでの田中登板。
田中も味方が援護した直後に点を取られる苦しいピッチングだったけど、
何とか巨人を4点に抑えて、監督の期待に応えました。

今日で5勝目の田中。自らオールスター出場条件にしていた数字に届きました。
監督からも「ご褒美に出場もいいでしょう」と許可がおりました。
それにしても、田中の話になるとノムさんは完全に「おじいちゃん目線」ですね(笑)

打線も2試合続けてつながって復調の兆し。
リーグ戦再開へ向けて内容のある締めくくりだったと思います。

☆楽天チーム成績 31勝36敗2分 .463 5位
 昨年の勝利数まで、あと16勝
☆交流戦最終成績 11勝12敗1分 7位


朝井秀樹 ゆっくりだけど発展途上
6/24(日) 楽天 8-1 広島

突き放したのは終盤とはいえ、約10日ぶりに4点以上の得点。
これをきっかけに打線が復調してくれるといいけど。

そんな打線の奮起を呼んだのは投手陣、とくに先発朝井の投球だったと思います。
6月10日から3試合続けて日曜日に先発し2勝をあげている朝井。(救援勝利含めて今季4勝)
その3試合で合計5失点と数字的には”好投”ですが、
私は”粘投”といったほうがしっくりくる気がします。
というのも、3試合とも初回に失点していきなりリードされる展開になる上、
最近の低調な打線のために終盤まで接戦になっているからだと思います。

とはいえ、昨年までと比べたら朝井は成長していると思います。
昨年までの朝井なら自ら四死球などで崩れることが多かったのに、
今年はここまで、ピンチでも堂々と投げている感じです。
ルーキーの嶋とバッテリーを組んだほうが結果がいいけど、
23歳どうしというのも息が合ってるのかも。

まだまだ安心して見られるとまではいかないけど、
まずはローテでずっと回れるように一試合一試合を大事にしてほしいです。

☆楽天チーム成績 30勝36敗2分 .455 5位
 昨年の勝利数まで、あと17勝
☆交流戦成績 10勝12敗1分 9位
競馬予想2007~宝塚記念~
阪神 宝塚記念(G1)
単勝 17番 メイショウサムソン(石橋守)
気になる役者さん~山口馬木也さん~
去年10月~12月のフジテレビ昼ドラ「紅の紋章」で、
主演の酒井美紀と恋に落ちる役どころを演じていたようですね。
私はこのドラマを見てなかったので、それ以上のことは分かりませんが(苦笑)

私の馬木也くんのイメージは、何といっても「剣客商売」(藤田まこと主演)の大治郎さん。
渡部篤郎の大治郎さんも良かったけど、大治郎さんは生き方が不器用で
無骨なイメージがあるので、私は馬木也くんのほうが好きです。
「剣客商売」の出演で、藤田まことにも目をかけてもらってるみたいで、
土曜ワイドの和久峻三原作「京都殺人案内」でも藤田まことと共演してました。

ただ、私の印象では馬木也くんは時代劇のほうがかっこいいです。
現代劇で私が山口馬木也を見たのは「京都殺人案内」のほかに
篠原涼子主演の「anego」があるけど、現代劇だと顔が大きい・・・(苦笑)
だからなのか現代劇で馬木也くんを見ると、二枚目の役でも私には三枚目に見えてしまいます。
家族がいわく「顔が大きい人は時代劇に向いてる」らしいし、
これからも時代劇にはたくさん出てほしいですね。

山口馬木也さん プロフィール
競馬予想2007~マーメイドS~
阪神 マーメイドS(G3)
単勝 12番 ヤマトマリオン(幸)
連敗止めた!マー君プロ初完封! 
6/13(水) 楽天 4-0 中日

田中がプロ初完封を飾りました。
最近私が田中登板のたびに気にしているのが「投球後の姿勢」。
蹴り上げた右足がしっかり着地し体が正面を向いているか、
それとも勢いあまって右足が一塁方向へ流れてしまうか。
前者なら、無駄な力が入ってない投球ができていて、
後者なら力みすぎて投げていると思うからです。
昨日は私は最終回しか生では見られなかったんだけど、
ハイライトを見る限り右足がしっかり着地することが多かったので、
力まずに投げられていたように見えました。
右足が流れることもあったけど、昨日については投球後の勢いではなく
自ら一塁方向へ体を回転させているように見えました。
「空振りを取れるぞ!」と思ったときの田中のクセなのかな?
まあゲームセットを真っ直ぐにこだわったところといい、
一番後輩でも、少しはカッコつけたいよねえ、マー君(笑)

この日の勝利は田中にとってだけでなく、チームにとっても大きいものでした。
巨人・ヤクルトとの東京遠征で4連敗。
借金が5つになり、これで田中でも勝てなければズルズルいきかねない所。
野村監督の率いたチームで例えれば、楽天が90年代のヤクルトになる可能性を残すのか、
’99~’01の阪神のようにシーズン半ばで失速するのかという・・・
まさに今年のひとつの正念場だったと思います。
それだけに昨日のマー君の勝利は成績上は1勝に過ぎないけど、チームを救ったし、
さらには勢いづけてくれるといいと思います。

☆楽天チーム成績 28勝32敗 .467
 昨年の勝利数まで、あと19勝
☆交流戦成績 8勝8敗 7位
師弟対決を師弟観戦
6/10(日) 楽天 4-5 ヤクルト

野村楽天vs古田ヤクルトの「師弟対決」神宮シリーズ。この日は現場で観戦してきました。
観戦のお相手はUさん。公私ともに私の師匠ともいうべき人で、
もともとはこの方が熱烈な野村ファン。
学生時代に、野村ヤクルトが強くなるのを目の当たりにしながらUさんの解説を聞くうちに、
いつしか私も野村ファンになっていたというわけで(笑)

Uさんとの野球観戦は久しぶり。
観戦に限らず、野球の話になるとたいがいUさんの洞察力に感心するばかりなんだけど、
この日もUさんが解説、私は補足説明する程度で勉強させてもらいました。

決勝点を奪われた7回裏の場面での「Uさんの野球教室(?)」。
1死1・2塁でバッターはガイエル。楽天の投手は青山、捕手・嶋。
Uさん「ガイエルみたいに、体を”く”の字にして突っ立ってる打者はたいがい外角に強いよ。
   その代わり内角はまず打てない」
torino「でも捕手は外角に寄りましたよ」(でも初球はボール球になる)
U「そうそう、外はボール球でいいの。
 で、内角でもベルトの高さがいいなあ。そこなら詰まるかファールだから。
 内角低めだと距離がとれるから危ないよ。」
結局その後は全部内角で、ファールも打たせたあげくガイエル空振り三振。

ところが次の宮出が初球を決勝3ランしちゃったので、配球予想するまもなく・・・
事後解説となる怒りの(苦笑)U師匠。
U「なんであんな真っ直ぐだか変化球だか分からない、
 しかも高低もコースも中途半端な甘い球で入るの?」
t 「捕手の構えと少し違うので、あれは投手が悪いんですか?」
U「いや、捕手がもっとしっかり指示しないとダメ。
 投げミスするとしても最悪高低だけは間違えるなよ、とか内外角だけは間違えるなよとかの意思が
 投手に伝わってないもの。」
Uさんがさらにすごいと思うのはその先の推測です。
U「これだとガイエルの時の配球がうますぎるなあ。野村さんから配球のサインが出てたのかな。
 野村さんは配球の細かい指示出すのホントは好きじゃないと思うんだ。
 その間は選手が自分で考えなくなるから、指示がなくなった直後にすぐ頭が働かないんだよ。
 今回もそれが悪いほうに出ちゃったね・・・」
私はただただ聞いて勉強するのみでした(苦笑)

長くなってしまいましたが、最後にこの日携帯でとった写真。
1枚目は監督が投手交代に出たときに、思い立ってあわててとりました。
ベンチの近くで今にも中に入っちゃいそうなのが野村監督です。ほとんど分からん(苦笑)
2枚目はスコアボードの写真がうまくいかなかったので、代わりで球場正面にて。
3枚目は球場沿道にあるステーキ屋さんの弁当の看板。
もともとUさんに教えていただいたんだけど、おいしいので今では必須です。
現物の写真じゃないけど、お腹すいてたので写真忘れて食べちゃいました・・・
でも、それくらいおいしいってことで許してください。。
2007/06/10ベンチに戻る野村監督

2007/06/10試合終了後

2007/06/10神宮のステーキ丼看板


競馬予想2007~エプソムC&CBC賞~
東京 エプソムC(G3)
単勝 17番 ブライトトゥモロー(福永)

中京 CBC賞(G3)
単勝 3番 スピニングノアール(安藤勝)
南海ホークス対決
昨日の巨人vs楽天の8回裏。
大量ビハインドの楽天は、ベテラン左腕・吉田を投入。
すると巨人は先発・内海に代えて、今日登録されたばかりの
こちらもベテラン・大道を代打に起用しました。

吉田豊彦と大道典嘉、じつは2人ともホークス出身。
しかもソフトバンクさらにはダイエーの前身、南海ホークスでプレー経験のある2人という、
何とも懐かしい(?)対決なのです。
大道は昨年までソフトバンクで活躍してたので知ってる方も多いと思いますが、
吉田も1988年から’97年まで南海・ダイエーでプレー、左のエースとして活躍しました。
入団は2人とも’87年のドラフトで、吉田が1位、大道が4位。
’88年オフにダイエーに売却されるので、南海では最後のドラフトとなりました。

昨日の対決は、ライト前ヒットで大道に軍配。大道らしいおっつけたバッティングでした。
南海ホークスはかつては野村監督が活躍した球団なので、私も思い入れが深いです。
吉田と大道の2人には1年でも長くプレーしてもらいたいですね。
そして、今年もあと1試合チャンスがあるけど、再び2人の対決が見たい!
V9巨人vs去年の楽天?
6/9(土) 楽天 1-12 巨人

ホームラン5発で惨敗。抵抗したのは山崎武のみ。
楽天が松崎で巨人が内海先発という時点で勝負は見えてたとはいえ(苦笑)、
いやはや、ここまで圧倒されるとは・・・
一昨日から巨人はV9時代のユニホームでプレーしてるけど、あの頃の強さが乗り移った感じ。
(もっとも、私はV9時代をリアルタイムでは知らないのであくまで想像ですが・・・)
野村監督も一昨日の試合後「あのユニホーム見たら勝てる気がしなかった」とお手上げ。
まあ、1973年の9連覇目の相手は何を隠そう当時の野村南海だから、
強さを肌で感じたからこそのコメントなんでしょうね・・・

それにしても、昨日の負け方はひどい。
ここ最近見せていた粘りが投打ともになく、まるで去年の楽天を見てるかのよう。
それと、今年はこれで巨人に3連敗。
ただの楽天じゃなく「野村楽天」なんだから、やっぱ巨人に勝ってナンボでしょ。
地元フルスタでの残り1試合、意地でも一矢報いてほしいです。

☆楽天チーム成績 27勝30敗 .474 4位
 昨年の勝利数まで、あと20勝
☆交流戦成績 7勝6敗 5位




競馬予想2007~東京ハイジャンプ~
東京 東京ハイジャンプ(J・G2)
単勝 2番 ストームセイコー(横山義)
中日・恐怖の5番 森野将彦
昨年のセ・リーグの覇者・中日。今年はけが人も出て苦しい戦いながら、
それでも首位巨人と2.5差の2位(6/7現在)にいるのはさすがだと思います。

その中でも、私は森野選手に注目しています。
開幕当初は7番でしたが、4月の中旬に5番に昇格。
その後は少しだけ1・2番を務めたほかは5番に定着し、
打率.300、8本塁打、41打点の成績を残しています。(6/7現在)
中日は3番・福留、4番・ウッズが相手に警戒されるので、
後を打つ5番はかなりプレッシャーがかかる打順。
そこでこの成績はすごいと思います。ちなみに41打点は福留(35打点)を上回っています。

森野がさらにすごいと思うのは、いろいろなポジションを守れるということ。
開幕はレフトでスタート。荒木が怪我をするとセカンドに回り、
一昨日は中村紀の怪我でサードを守りました。
しかも、本職はサードなんだけど、私が見たときはセカンドでもすばらしい守備を見せてくれました。

こうしてみると森野はユーティリティー・プレイヤーのようですが、
私にはむしろチーム事情でいろいろやらざるを得なくなってるように見えます。
とはいえ、そのいろいろな役割をきっちりこなす所はすばらしい。
いまや中日には欠かせない存在になってると思います。
競馬予想2007~安田記念~
東京 安田記念(G1)
単勝 9番 ジョイフルウィナー(モッセ)
競馬予想2007~ユニコーンS~
東京 ユニコーンS(Jpn3)
単勝 12番 トーホウレーサー(後藤)



凱旋門賞に登録済みのメイショウサムソンが、武豊騎手鞍上で臨むプランがあるみたいですね。
6/1付スポニチ
ジョッキーは頼まれる立場ですのでユタカに対しては何とも思わないけど、
大レースの時の陣営サイドの「武豊頼み」には少々ウンザリ・・・(苦笑)
サムソンのファンの人は石橋守騎手とのコンビだから好き、という人も多い気がするのですが・・・
野村楽天 勝負の6月
球団史上3度目の月間勝ち越し、さらに月間最多の14勝をマークし、
絶好調な5月だった楽天イーグルス。
ただ、過去の例から見ると6月は勝負の月となりそうです。

楽天が過去月間で勝ち越したのは一昨年7月と昨年6月の2回。
それぞれ翌月の成績を見てみると・・・

2005年
7月 10勝9敗1分
8月 3勝21敗

2006年
6月 13勝11敗
7月 3勝12敗

どちらも負け越しどころか、ほとんど負けてばっかりという結果。
朝青龍vs琴光喜じゃないんだから・・・(現在横綱の26連勝中)

まあ個人的には過去の2回は全力を出し切って勝ち越したために
翌月精根尽き果ててひどい結果になっただけで、
今年の楽天ならこんなことにはならないぞと思いたいのですが(苦笑)

☆楽天チーム成績(6/1現在) 25勝26敗 .490 4位
 昨年の勝利数まで、あと22勝(いつのまにか、半分過ぎてる!)