プロフィール

torino

Author:torino
FC2ブログへようこそ!

現在の位置

夜更かし競馬予想~細々とやってます~
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 楽天イーグルス2008

麻雀時計 ver.筒子(ピンズ)



無料ブログパーツ

カテゴリーメニュー 改

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

過去ログ +

2017年 10月 【6件】
2017年 09月 【6件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【8件】
2017年 04月 【10件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【7件】
2017年 01月 【7件】
2016年 12月 【10件】
2016年 11月 【10件】
2016年 10月 【11件】
2016年 09月 【8件】
2016年 08月 【5件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【6件】
2016年 05月 【7件】
2016年 04月 【8件】
2016年 03月 【9件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【10件】
2015年 10月 【10件】
2015年 09月 【8件】
2015年 08月 【7件】
2015年 07月 【5件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【13件】
2015年 04月 【6件】
2015年 03月 【9件】
2015年 02月 【7件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【9件】
2014年 11月 【11件】
2014年 10月 【9件】
2014年 09月 【6件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【6件】
2014年 06月 【7件】
2014年 05月 【11件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【12件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【9件】
2013年 11月 【13件】
2013年 10月 【16件】
2013年 09月 【8件】
2013年 08月 【8件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【7件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【13件】
2013年 03月 【10件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【9件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【7件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【9件】
2012年 03月 【8件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【11件】
2011年 11月 【15件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【16件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【14件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【8件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【11件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【10件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【12件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【10件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【13件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【13件】
2009年 05月 【11件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【12件】
2009年 02月 【12件】
2009年 01月 【8件】
2008年 12月 【11件】
2008年 11月 【13件】
2008年 10月 【9件】
2008年 09月 【12件】
2008年 08月 【9件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【16件】
2008年 05月 【17件】
2008年 04月 【15件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【1件】
2007年 12月 【12件】
2007年 11月 【16件】
2007年 10月 【17件】
2007年 09月 【18件】
2007年 08月 【11件】
2007年 07月 【15件】
2007年 06月 【17件】
2007年 05月 【20件】
2007年 04月 【21件】
2007年 03月 【22件】
2007年 02月 【10件】

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

タグリスト 改

秋華賞東京ハイジャンプ東京ハイJG1単勝府中牝馬ステークス府中牝馬SマイルCS南部杯京都大賞典マイルチャンピオンシップ南部杯南部杯Jpn1毎日王冠サウジアラビアロイヤルCサウジアラビアRCサウジアラビアロイヤルカップ海外G1スプリンターズステークススプリンターズS凱旋門賞シリウスSシリウスステークスオールカマー産経賞オールカマー菊花賞TR神戸新聞杯菊花賞トライアル京成杯オータムHセントウルS京成杯AHセントウルステークス京成杯オータムハンデ紫苑S秋華賞TR秋華賞トライアル紫苑ステークス新潟記念小倉2歳S小倉2歳ステークス札幌2歳ステークス札幌2歳SキーンランドカップキーンランドC新潟2歳S新潟2歳ステークス新潟ジャンプS新潟ジャンプステークス北九州記念札幌記念エルムS関屋記念エルムステークスレパードステークス小倉記念レパードSクイーンステークスアイビスサマーDアイビスサマーダッシュアイビスSDクイーンS小倉サマージャンプ小倉サマーJ中京記念函館2歳ステークス函館2歳SマーキュリーCマーキュリーカップ函館記念プロキオンSプロキオンステークス七夕賞ラジオNIKKEI賞CBC賞宝塚記念東京ジャンプステークス東京ジャンプSユニコーンSユニコーンステークス函館スプリントステークス函館SS函館スプリントSマーメイドステークスマーメイドSエプソムカップエプソムCベルモントSベルモントステークス安田記念鳴尾記念日本ダービー目黒記念東京優駿ダービー京都ハイJ京都ハイジャンプオークス優駿牝馬平安ステークス平安SヴィクトリアMヴィクトリアマイル京王杯スプリングC京王杯スプリングカップ京王杯SCNHKマイルカップ新潟大賞典NHKマイルC京都新聞杯クイーンエリザベス2世Cクイーンエリザベス2世カップ天皇賞・春天皇賞天皇賞(春)ダービートライアルダービーTR青葉賞マイラーズカップマイラーズCオークスTRフローラステークスフローラSオークストライアル福島牝馬S福島牝馬ステークス皐月賞J・G1中山GJ中山グランドJ中山グランドジャンプアンタレスステークスアンタレスS桜花賞NHKマイルカップトライアル阪神牝馬SNHKマイルCTRNHKマイルカップTRニュージーランドトロフィーニュージーランドT阪神牝馬ステークスNHKマイルCトライアルNZT大阪杯ダービー卿CTダービー卿チャレンジTダービー卿チャレンジトロフィーマーチステークス高松宮記念マーチSフラワーCフラワーカップ皐月賞トライアルスプリングステークス阪神大賞典スプリングS皐月賞TRファルコンステークスファルコンS桜花賞TR中山牝馬S中山牝馬ステークス桜花賞トライアルフィリーズRフィリーズレビュー金鯱賞阪神スプリングJ阪神スプリングジャンプ弥生賞オーシャンステークスオーシャンSチューリップ賞中山記念阪急杯アーリントンCアーリントンカップフェブラリーS小倉大賞典フェブラリーステークス京都牝馬ステークス京都牝馬SダイヤモンドSダイヤモンドステークス京都記念共同通信杯クイーンカップクイーンCきさらぎ賞東京新聞杯シルクロードSシルクロードステークス根岸ステークス根岸SAJCCアメリカジョッキークラブカップ東海ステークス東海SアメリカジョッキークラブCアメリカジョッキーCCアメリカJCCAJC杯日経新春杯京成杯愛知杯フェアリーSシンザン記念フェアリーステークス中山金杯京都金杯金杯有馬記念ホープフルステークスホープフルS阪神C阪神カップ中山大障害朝日杯フューチュリティステークス朝日杯FS朝日杯フューチュリティSターコイズステークスターコイズSカペラステークス阪神ジュベナイルFカペラS阪神ジュベナイルフィリーズ阪神JF香港国際競走香港スプリント香港ヴァーズ香港マイル香港カップチャレンジカップチャレンジCチャンピオンズCチャンピオンズカップステイヤーズSステイヤーズステークスジャパンカップ京阪杯ジャパンC京都2歳S京都2歳ステークスマイルチャンピオンシップマイルCSマイルチャンピオンS東スポ杯2歳ステークス東京スポーツ杯2歳ステークス東京スポーツ杯2歳S東スポ杯2歳S福島記念エリザベス女王杯武蔵野S京都ジャンプSデイリー杯2歳S京都ジャンプステークス武蔵野ステークスデイリー杯2歳ステークスみやこSみやこステークスAR共和国杯アルゼンチン共和国杯ブリーダーズCフィリー&メアターフブリーダーズカップフィリー&メアターフBCフィリー&メアターフ京王杯2歳SファンタジーSファンタジーステークス京王杯2歳ステークスJBCJBCレディスクラシックJBCクラシックJBCスプリント天皇賞(秋)天皇賞・秋スワンSスワンステークスアルテミスSアルテミスステークス菊花賞富士ステークス富士SレディスプレリュードローズステークスローズSセントライト記念阪神ジャンプステークス阪神ジャンプS毎日杯日経賞中日新聞杯競馬2015収支報告収支テレ玉杯オーバルスプリント兵庫チャンピオンS兵庫CS兵庫チャンピオンシップかしわ記念かきつばた記念パ・リーグプロ野球順位予想セ・リーグ2014いちょうSいちょうステークス2013ラジオNIKKEI杯2歳SJ・G1ラジオNIKKEI杯2歳ステークス朝日CC朝日チャレンジC朝日チャレンジカップジャパンCダートJCダートジャパンカップダート東北楽天ゴールデンイーグルス楽天イーグルス楽天アジアシリーズ日本シリーズ天皇賞・秋CSクライマックスシリーズ日本テレビ盃永井永井怜星野星野智樹則本則本昂大佐賀記念2012名古屋グランプリ2011谷澤谷澤恵里香アイドリング!!!7号8号フォンチー卒業戦力外通告スパイアー戦力外解雇栗山新監督栗山栗山監督日本ハム栗山英樹解説日本ハムファイターズ北海道日本ハムファイターズ逆シリーズ予想シリーズ逆予想裏予想ステキな金縛り三谷幸喜三谷監督中日ドラゴンズソフトバンクホークス中日予想福岡ソフトバンクホークスソフトバンクヤクルト秦真司橋上橋上秀樹巨人コーチ野村IDID野球読売ジャイアンツ村中東京ヤクルトスワローズヤクルトスワローズ村中恭兵天皇賞(秋)マー君田中田中将大マーくんクビレースゴチになりますゴチ12ゴチ田山涼成ダルビッシュデッドボール与死球謝罪25号後藤郁タモリブラタモリ観戦星野仙一星野監督阪神タイガース阪神岩隈聖澤高須内村渡辺直人オールスター渡辺オールスターゲームノムさん野村監督教え子ボヤキ野村克也シダックス野村引退魁皇岩村明憲岩村松本人志監督野見伊武雅刀さや侍映画プリンセス・トヨトミ山崎山崎武司4番山崎武新外国人ガルシア中谷ルーキー塩見塩見貴洋初勝利自腹天皇賞(春)東日本大震災岩隈久志打線やざパイ草野ぐるナイゴチになります!横山由依北原里英指原莉乃Notyet大島優子AKB48皆川睦雄南海ホークス南海皆川高橋愛愛ちゃんモーニング娘。朝日杯坂の上の雲香川照之正岡子規横浜渡辺直トレード横山典ロッテ清田渡辺俊G1スワンS富士S府中牝馬Sデイリー杯2歳S参謀役新監督スプリンターズSシリウスS札幌2歳Sブラウン監督解任2ケタ2年連続10勝阪神ジャンプSエルムSローズS采配ブラウン監督セントウルS京成杯AH朝日チャレンジC朝日CC福盛リンデン監督批判ストーブリーグ松井稼頭央小倉2歳S新潟2歳SキーンランドCレパードS新潟ジャンプSクイーンS

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

夜更かし競馬予想~細々とやってます~
<2014.1.5よりタイトル変更しました>週末に中央競馬の重賞中心に買い目を載せてます。単勝が基本です。気が向いた時には競馬予想以外の記事も更新します。
楽天、ラズナー&チルダース両投手を獲得
今オフの楽天は、積極的に補強していますね。球団創設以来こんなオフあったかなあ?
野村監督が「最後の年」ってことが大きな原因なんでしょうけど。

新外国人投手、ダレル・ラズナー投手とマット・チルダース投手の獲得が決まりました。
交渉中という報道は少し前からあったので、ついに決まったかという感じですが。

ラズナーは先発候補、チルダースは抑え候補だそうですね。
ラズナーはヤンキースで5勝10敗ながら20試合に先発。チルダースは3Aだけど20セーブをマーク。
ただ新外国人は実際見て見ないと分からないからなあ・・・日本との相性もあるし、ノムさんとの相性もあるし。ダレル・ラズナーか・・・野村阪神時代にダレル・メイっていたなあ・・・ラズナーは性格よければいいけど(苦笑)

かりにこの二人が活躍しなかった場合は、先発は永井・青山・片山・木谷ら若手投手陣で争い、
抑えは小山でいくんでしょうね。
新任の佐藤投手コーチが「抑え・小山」に自信ありそうだったので、勝手に期待しちゃいますけど。

もちろん、ラズナーとチルダースが頑張ってくれるのが理想です。
国内では小坂、中村紀洋。海外からはラズナー、チルダース。
この4人の新戦力が額面どおり働いてくれたら、
優勝とまでは言わずとも、CS進出へ夢も膨らむんですけどねえ。
スポンサーサイト

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

楽天入団決定・中村紀洋に期待すること
中村紀洋選手の楽天入団が決まり、おととい記者会見が行われました。
中村紀にはぜひ、グラウンド内でのリーダーになってほしいです。

中村自身、入団記者会見では「リーダーは山崎武さんがいるので、ボクは2番手で」と言っていたようです。
ただ山崎は来年も基本的にはDHでしょう。
さらに、今年は高須・草野・礒部あたりの「リーダー候補」が、ケガをしたり代打に回ったりして、
シーズン途中からは先発で出ることが少なくなってしまいました。

もし来年も今季後半と同じ布陣となると、内野はセギノール・リックの外国人と
渡辺直人・内村といった若手が中心になります。
捕手も藤井が出ていればいいけど、嶋が出る試合もあるし、他の若い捕手が出ることもあるでしょう。
試合中ピンチを迎えて内野が集まった時に、仕切れる人物に常時守っていてもらいたいところ。

中村紀洋には、その「仕切り役」になってもらいたいです。
まあ、具体的な守備のシフトとかは指示できないかもしれないけど・・・
長年レギュラーを張ってきただけに、状況に応じた心構えはアドバイスできると思います。
打撃面よりも守備、それも他の選手にいい効果をもたらす守備を、中村には期待してます。

気になるのは精神面でしょうけど、そこは「高下在心」を肝に銘じて頑張ってほしいです。
「優勝したら辞められません。辞めさせませんよ」
野村監督に言ったこの言葉が、現実になりますように・・・!

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

小坂選手、宮城へお帰りなさい&ようこそ楽天へ!
先日、巨人から楽天への金銭トレードが発表された小坂誠選手。
その入団記者会見が一昨日、Kスタ宮城で行われました。
★会見内容はこちら(オフィシャルサイトより)

楽天初の地元出身選手と聞いた時は、ちょっと意外でした。てっきりすでにいるような気がしてたもので。
たぶん出身校が宮城だったりする選手を、生まれも宮城だと勘違いしてたんでしょうね・・・(苦笑)

トレード自体、小坂が志願して実現したもののようですね。
会見でも「球界再編の時から、近い将来は仙台の方でお世話になりたいと思っていた」とコメントしてます。
地元とはいえ、自ら望んで楽天にきてくれるなんて、うれしい限りです!
Kスタでは、小坂にはより大きな声援が送られるんでしょうね。

今の楽天にとって、小坂の加入は大きいと思います。
最近プレーを見てないので、ロッテ時代と比べてどうなのか?という不安はあるけど、
まだまだ華麗な守備を見せてくれると信じたいです。
それ以上に、楽天の若手内野手にいい影響を与えてくれるのではと期待してます。
渡辺直人や内村、塩川といった選手が、小坂の加入で刺激を受けてくれたり、
自分から小坂にどんどん質問しに行ったりしてくれるといいなあと思います。

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

楽天が横浜・相川獲り参戦?   
巨人vs西武の日本シリーズ、白熱した試合が続いてますね。
野村監督の野球に心酔するまでの少年時代はタツノリファンであり巨人ファンであった私。
中継見るとついつい、にわか巨人ファンになってます・・・

そんな中、巨人と西武以外の10球団はストーブリーグなわけで。

昨日のスポニチに、「楽天が横浜・相川獲り参戦へ」という記事が載ってました。
記事によると、今季の楽天は藤井と嶋の併用でリーグ3位の防御率をマークしたものの、
「野球の8割はバッテリーが握っている」が持論の野村監督にとってはまだまだ不満足。
そこで、5年連続で100試合以上に出場し、昨年は打率3割と攻守に魅力のある相川の獲得に乗り出す、
とのこと。

う~ん、どうなんでしょう。
嶋には期待してるのでひいき目になっちゃうんだけど、現有戦力じゃダメなんでしょうかねえ・・・

来年こそ優勝したいという野村監督の意気込みは分かります。
ただ、FAでの獲得になるわけだし、事前の調査はしっかりとしてほしいと思います。
戦力になるかどうかの調査は当然として、野村監督好みの選手かどうかもぜひ調べておいてほしいです。
獲得したあと、来年になって監督に「ワシとは合わん」とか言われて、
結局嶋&藤井併用なんてことになったら、シャレにならないですから・・・

まあそれ以前に、獲れるかどうかも分かりませんけどね。
楽天以前に名前の出た球団もあるし、メジャーも視野に入れてるみたいですしね。

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

王監督&小倉投手、お疲れ様でした。
10/7(火) 楽天 1×-0 ソフトバンク (延長12回)

もうCSも第1Sが終わっちゃいましたね・・・大変遅ればせながら、楽天の今季最終戦の話を。

消化試合ではなかったとはいえ、ものすごい試合になりましたね。
「勝ったほうが最下位脱出」というより「勝ったほうが優勝」って感じの雰囲気でした。
スタンドも、この時期のKスタでは珍しい2万人越えでしたしね。

試合もすごかったけど、この日は試合以外にもハイライトがあったわけで。

まず、皆さんご存知の通り、この日は王監督のラストゲームでした。
試合後に野村監督から王監督へ花束贈呈。
ヒマワリと月見草ではなかったけど、ソフトバンクカラーの黄色い花の花束でしたね。
Kスタのファンがビジターの王監督を温かく見守っていて、王監督も何度も手を挙げて
声援に応えていたのが印象的でした。

野村監督個人のことを思えば、王監督とは最近はいい関係になれて、本当に良かったなあと思います。
長嶋さんとは、関係が修復しないまま現在に至っているので・・・
まあ、たとえ勝負のためとはいえ、ノムさんが長嶋巨人を”口撃”してたのが原因だから仕方ないけど。
王監督とはここ最近、試合前にいろいろ雑談して、時には冗談を言い合ったりしてますよね。
この日の試合前も、王監督のほうから楽天ベンチに来てくれました。
野村監督、これからも王監督とは仲良くしてくださいね。わざと嫌われるようなこと言っちゃダメですよ~!

そして、楽天の小倉恒投手もこの日が現役最後の試合でした。
試合が接戦になっちゃったので、残念ながら登板機会はありませんでしたが。
引退挨拶は短い内容だったけど、そんな中にも小倉投手らしさが出ていたような気がしました。
よくは知らないけど、小倉投手はたぶん普段も寡黙な人なんだろうなと思いました。
それでも一生懸命言葉を探して、感謝の気持ちを表そうとしている感じに、胸を打たれました。

小倉投手の挨拶の前に、野村監督の今季報告の挨拶がありました。
「最低でもAクラス」宣言をしたにもかかわらず、結果は5位。それなのに野村監督は続投。
はたして仙台の皆さんはどう思ってるんだろうと、心配していました。
ところが、野村監督の一言一言に対して、激励の声援と拍手が送られていました。
本心では、不甲斐ない成績に怒っているファンも多いはずなのに・・・

王監督に対する姿勢でもそうだけど、本当に仙台の野球ファンの温かさ、優しさには頭が下がります。
楽天イーグルスには来年こそ、仙台のファンに喜んでもらえる成績を残してほしいです。

☆楽天チーム最終成績 65勝76敗3分 .461 5位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

「天下分け目の最下位争い」by野村監督
10/6(月) 楽天 1-4 ソフトバンク

とうとう最終戦までもつれ込んじゃいました。
昨日の結果を含め、楽天→64勝76敗3分、ソフトバンク→64勝76敗3分。全くの同率5位。

当たり前だけど・・・おさらい。今日勝ったほうが5位、負けたほうが最下位となるわけです。
野村監督いわく「天下分け目の最下位争い」だそうですが。
そういえば少し前にサッカーで、FIFAランクが最下位とブービーの国・地域どうしで試合してましたよね。

じつは野村監督。この「最終戦での最下位決定戦」の経験者なんです。

ヤクルト監督時代の1994年。ヤクルトは最終戦に勝って最下位を脱出、シーズンを終えてるんです。
この年は4位なのでそのイメージがない人も多いと思うけど、実は4位は4位でも「同率4位」なんです。
つまり、下位3チームが大混戦だったというわけ。ちなみにヤクルトに代わり最下位になっちゃったのは横浜。

私が覚えてたのはここまでで、ヤクルトと横浜は別のチームと試合してたんだと思ってました。
ところが、この記事を書くので改めて調べたら、ヤクルトと横浜は最終戦で直接対決してたようで。

Wikipediaによると・・・
10月8日の段階において、同じ129試合を消化したヤクルトスワローズと横浜ベイスターズが
いずれも61勝68敗での同率で並ぶことになった。この日の横浜戦はなかったが、
129試合目を迎えていた最下位ヤクルトが既に3位が確定していた広島東洋カープに勝って
横浜に並んだ。すでに全日程が終了していた阪神タイガースが62勝68敗での同率4位が
確定していたため、両チームにとっては最終戦にあたるヤクルト対横浜の直接対決で
敗れた方のリーグ最下位が確定するという状況となっていたのである。
10月9日に明治神宮野球場においてヤクルトが西村龍次、横浜が斎藤隆の両先発投手で始まった
ヤクルト対横浜の26回戦は、7回表にまず横浜が1点先制したものの、8回裏にはヤクルトが
同点に追いつき、9回裏にヤクルトが横浜のリリーフ盛田幸妃から逆転サヨナラタイムリーを放って
2-1で勝利した。勝利投手は高津臣吾、敗戦投手は斎藤隆。ヤクルトと阪神の同率4位、
横浜のリーグ最下位が確定。最終的には首位巨人と最下位横浜のゲーム差は9.0であった。

ということだそうです。
ちなみにこの話が載っていたのは「10.8決戦」の項目。
そうなんです、1994年といえばあの巨人と中日の最終決戦の年なんです。
つまり、Wikiにも書いてあったけど、この年は「優勝も最下位も最終戦の直接対決で決まった年」なんです。
最下位まで直接対決だったと知ると、改めて1994年はものすごい年だったんですねえ。
そして、野村監督の監督人生は何でも経験してるんですね。びっくり。

だいぶ昔話ばかりになっちゃいました。
今日の試合は、楽天サイドとしては複雑です。
もし楽天が勝ったら、王監督の最後の試合で負かすだけでなく、最下位で退任させてしまうわけで・・・
もちろん私としては、マーくんの2ケタもかかってるので楽天に勝ってほしいけど、何とも難しいです。

☆楽天チーム成績 64勝76敗3分 .457 最下位タイ

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

ドタバタ5失点で敗色濃厚も9回再逆転!とうとう目前胴上げ阻止
9/23(火) 楽天 10-7 西武

楽天が昨日も西武に勝って、目の前での胴上げをとうとう阻止しました。
しかし試合内容は何と言ったらいいのか・・・とにかくすごい試合でした。
朝井の出来がポイントだと思ってたんだけどなあ・・・結局は8・9回で試合が大きく動きました。

8回裏に5-2から一挙5失点でひっくり返された時は、もう終わったと思いましたけどねえ。
エラーが2つ出たりして、点の取られ方も悪かったから。
それがまさか9回表に再逆転するとは。
最後は1アウト満塁からフェルナンデスが逆転グランドスラムを放ったわけだけど、
その前の代打・藤井の押し出しフォアボールが私は大きかったと思います。
2ナッシングから粘って粘って、きわどいコースもよく見極めてくれました。
振っちゃいそうな球ばかりだったんですけどね。藤井、いい仕事でした。

それにしても、一昨日、昨日の楽天は意地を見せました。
野村監督は阪神の時も、2001年にヤクルトの目前胴上げを3試合阻止してるんですよねえ。
あの時も私は中継を見てたので、昨日勝ったあとはその時を思い出しました。
たしか勝ち、勝ち、引き分けで、3試合目は藪をリリーフ登板させて引き分けに持ち込んだんですよねえ・・・
野村阪神の3年間で、この試合がたぶん一番私の印象に残ってる試合だろうな。

ところで、NHK-BSの中継で流れた、フェルナンデスの逆転ホームランの談話。
「8回裏、出塁した西武の片岡に”今日は僕達が優勝するよ”と言われたので、
フェルナンデスは”いや、僕が9回にホームランを打つ”と言ったそうです」
予告どおりのフェルナンデスもすごいけど、私はむしろ「片岡、やっちまったなあ」と思いました。
ヒーローインタビューじゃないけど、ちょっと昔の加藤哲郎みたいだなと思っちゃったもので。
関係ないかもしれないけど、もしかしたらフェルナンデスに微妙な心の変化があったりして。
最近は敵どうしでも試合中会話してるけど、やっぱり滅多な事は言わないほうが・・・

☆楽天チーム成績 59勝70敗3分 .457 最下位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

岩隈20勝到達!目前胴上げも”とりあえず”阻止
9/22(月) 楽天 6-1 西武

岩隈が20勝目。
今季途中からは故障だけが心配というくらいの好調ぶりでしたが、ついにやってくれました!
近鉄で2年連続15勝してるけど、あの頃は真っ直ぐでグイグイ押す投球スタイルだったみたい。
(近鉄時代の岩隈はじっくり見てなかったもので、すみません・・・)
今は真っ直ぐを軸に、変化球も上手く織り交ぜる投球スタイルになっている。
そういう意味では、近鉄時代とは違う「岩隈久志」を確立させての20勝到達、と言えるのではないでしょうか。
といっても、今でも真っ直ぐは十分速いけどね。

岩隈の好投で、楽天は西武の昨日の優勝決定を阻止しました。
ただ、昨日は岩隈が先発だし何とかしてくれるかなとは思ったけど、今日はどうかなあ・・・?
さすがに今日は目前で胴上げさせちゃうかも・・・
全ては今日先発の朝井次第。
最近は気合入りすぎて空回りして、コントロールが甘くなるからなあ。
ガチガチに気合入れなくてもいいから、コントロール重視で頼むよ、朝井さん!

救いは、西武がローテの谷間で、先発がルーキーの平野だということ。
平野はここまで1勝2敗、防御率8.27。これなら行けるだろう!と思いきや・・・
実はその1勝を献上してるのは我が楽天という・・・打てるのかビミョーだな(苦笑)

やっぱりポイントは朝井さんの立ち上がりだ~!

☆楽天チーム成績 58勝70敗3分 .453 最下位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

19安打15点の猛攻!楽天、初のvs日本ハム年間勝ち越し
9/17(水) 楽天 15-7 日本ハム

イヌワシ打線が爆発。野村監督の誕生日を祝った6月29日のソフトバンク戦以来となる、
今季最多タイの15得点で大勝。
これで今年の日本ハム戦の勝ち越しが決定。日本ハム戦の勝ち越しは球団初です。
昨年オリックスとソフトバンクに初めて勝ち越したので、残るはロッテと西武。
今年はもうロッテにも西武にも負け越しちゃったので、来年こそは!

初回にセギノールの3ランで口火を切り、山崎武司も21号ソロで続くなど、2回までに5点。
3・4回とチャンスをつぶし、イヤ~な予感がしかけたけど、5回はチャンスをきっちりモノにして3点追加。
そして6回、日本ハムの宮西・菊地から打者一巡の猛攻で一挙6点。
昨日はリックが初回の守備で足首を痛めたけど、代わりに途中出場の中島がタイムリーを含む3安打。
中島はすっかり自信をつけましたね。また1つ層が厚くなったなと感じました。

打線とは対照的に、昨日の投手陣は今ひとつピリッとしませんでした。
先発・朝井は勝利投手にこそなったものの、5回投げきるのに104球もかかり3失点。
9勝目は自己最多だけど、決して喜んでほしくないと思います。もっと実力持ってるんだから・・・!
そして、4番手の松本輝。
15-4の8回表に登板し3失点。楽勝ムードに水を差してしまいました。
個人的に頑張ってほしい選手だけど、昨日に関しては再昇格後初登板とはいえ全然ダメ。
持ち味のシュート・スライダーを使った横の揺さぶりが、全くできていませんでした。
こんなピッチングだと即2軍逆戻りかもしれないぞ。アキラしっかりしろ~!

☆楽天チーム成績 56勝69敗2分 .448 最下位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

ソフトバンクキラー復活!?マー君3ヶ月ぶりの7勝目
9/11(木) 楽天 8-2 ソフトバンク

6月3日以来勝ち星から見放されていた田中が7勝目。
7回を投げて被安打10ながらも、1失点。
毎回ランナーを許す苦しいピッチングでしたが、初回以外は3連打を許さず、粘り強く投げてくれました。
フォアボールが昨日は1つだけだったのも、最少失点でしのげた要因だったと思います。

あと、ソフトバンクとの相性の良さもあったんじゃないかな。
昨年は11勝のうち5勝がソフトバンク戦でした。
今年はここまでソフトバンク戦未勝利だけど、調べたら悪くても7回自責点3くらいに抑えていて、
ノックアウトで降板した試合はないといっていい内容。
昨日あれだけピンチを迎えても踏みとどまったのは、やっぱり相性なんじゃないかなあ。

☆楽天チーム成績 53勝67敗2分 .442 最下位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

野村監督、来季続投濃厚も・・・あゝ7連敗
9/4(木) 楽天 4-6 オリックス

楽天球団サイドが数日前、野村監督に続投要請をしていたようですね。
野村監督も受諾するようです。監督はよほどのことがない限り、自分から辞める人ではないですからねえ。
今年で3年契約が切れるのに今最下位だし、年齢のこともあるのでかなり心配だったけど、
来年もノムさんの采配が見られそうでうれしいです。
まあ、ノムさん自身は年齢なんて気にしてないだろうけど(笑)

ただ、続投するにしてももうちょっと今年の残り試合を頑張ってほしい。
昨日も一見惜しい試合に見えるけど、打線が追加点取ってればかなりの確率で勝ててただろうし、
木谷も小山も大事な1球に対する心構えが足りないと思います。
小山は特にそう。もう12年目なのに、危機感が伝わってこない。
自分の立場分かってるのかな?まさか、まだ去年抑えやってた貯金があるとか思ってないだろうな?
自分は今年ダメならクビなんだ、くらいの気持ちで投げてほしいよ・・・まったく。

私は野村ファンだからともかく、純粋にイーグルスを応援してる人にも
「これなら来年続投してもいいぞ」っていう印象を与えてくれる試合を、今後見せてほしいです。

☆楽天チーム成績 49勝65敗2分 .430 最下位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

打線が後押し 長谷部プロ初勝利!
8/19(火) 楽天 12-5 オリックス

ルーキー・長谷部が2番手で登板。最後まで投げ切りプロ初勝利を挙げました。

楽天が2点を先行したものの、先発・永井が2回裏に逆転を許し2-3。なおも2アウト満塁。
永井が立ち直らないと見たのか、この大ピンチの場面で楽天ベンチは長谷部にスイッチ。

長谷部は2回裏の大ピンチこそ抑えたけど、3回裏に阿部にタイムリーを許し2-4。
さらに4回。1アウト後フォアボール、フォアボール、デッドボールで満塁。
「あ~あ、今日も長谷部は自滅か・・・」そう思いました。

ところが、8番・村松が中途半端なバッティングでピッチャーゴロ。ゲッツーでチェンジに。
この場面が昨日の勝負の分かれ目だったと思います。

直後の5回表、フェルナンデスが12号3ランをかっ飛ばし逆転。さらに11人攻撃でこの回一挙7点。
試合の流れをグッと楽天サイドに引き寄せました。

逆転してもらってからの長谷部は、オリックス打線をわずか2安打に抑える好投。
大量援護があったので、もう少し中継ぎのほうがいいと私は思うけど、
昨日の5回以降のピッチングを今後も続ければ、先発復帰のチャンスも巡って来るはず。
ただ、9回にローズに一発食らったのは、ちょっともったいなかった。

ヒーローインタビューを見ていて、「あ、これで長谷部は少し変わったかな」と思いました。
「目標は新人王」とか言ってたシーズン前と違って、表情が締まっているような感じがしたからです。
「大物ルーキー」「新人王筆頭候補」と言われながら、ここまで不甲斐ない投球が続きました。
長谷部自身、プロの厳しさを知り、自分がプロでやれるのか不安になることもあったと思うけど、
昨日の初勝利が、自信になってくれるといいな。

☆楽天チーム成績 48勝57敗2分 .457 最下位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

流れを変えた、鉄平同点3ラン!楽天、後半戦白星発進
8/3(日) 楽天 11-4 日本ハム

先発のドミンゴが初回、2回でいきなり3失点。
オールスター前のチーム状態からして、
「ああ・・・ダメだな。オールスターを挟んでも楽天はこんな調子か・・・」と失望していました。

ところがその矢先、最悪ムードのチームを救い、私の失望も吹き飛ばしてくれた男が。

3点ビハインドの2回裏、2アウト2・3塁。
ここで打席に入った土谷鉄平(あえてここはフルネーム)、日本ハム・多田野の真っ直ぐにバット一閃!
高く舞い上がった打球は・・・ライトポール際を切れそうで切れず。起死回生の同点3ランとなりました。

まさかあの場面でいきなり同点になるとは思ってなかったので、驚きました。
でも同時に、「これでまだ今日はいけるかも」と、それまでの失望が期待に変わりました。

期待どおり(?)、その後の楽天打線は打つわ打つわで11得点。
5月にプロ初勝利を献上している多田野に、借りを返すことができました。

鉄平以外では、山崎武司と中島の活躍がうれしかったです。
山崎は猛打賞も良かったけど、何よりホームランが出たのが大きい。
オールスターMVPの流れを継続してくれました。できるだけ長く継続してほしいところです。
中島は右ピッチャー相手に2安打。最近は右ピッチャー相手でもしっかりついていってる。
「左殺し」が「レギュラー」になれるか?横川も、ウカウカしてられないぞ。

投げては、ドミンゴのあとを受けた朝井が頑張りました。3~7回を無失点で久々の7勝目。
追いついた直後の3回表に、ドミンゴ自身がまずい守備で先頭打者を出したところでスパッと朝井投入。
ベンチの早めの判断も結果的には当たりました。

追いついたあとはいいことづくめの内容で、楽天は後半戦のスタートを勝利で飾りました。
こんな試合を1試合でも多く続けていけば、もしかするともしかするんだけどな・・・

☆楽天チーム成績 43勝52敗2分 .453 最下位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

山崎武、オールスター第1戦MVP!後半戦で復調なるか?
☆オールスター第1戦 
7/31(木)  全パ 5×-4 全セ

山崎武司(楽天)のサヨナラ打で、全パがサヨナラ勝ちしました。

1点リードされて迎えた9回裏、リック(楽天)のツーベースと西岡(ロッテ)のヒットで1アウト1・3塁。
ここから全パ・梨田監督が代打攻勢。
まずは代打・松中(ソフトバンク)がライト前に弾き返してまず同点。
さらに、山崎武司が代打で出てきてライトオーバーのサヨナラヒット!

それにしても、松中と山崎武司が”代打”って。オールスターですなあ。

昨日の楽天勢は、中盤まで誰も出場してなくて、山崎が一振りでMVP。
効率が良いというか、オイシイなあ。
リックのツーベースもさすが。大事な9回裏の先頭打者だったし、きっちりリックらしい仕事をしてくれました。

山崎が活躍してくれてうれしいけど、同時に思ったのは
「レギュラーシーズンで打てよっ!」(苦笑)
ずっと調子良くないんだもん。たまにいい日があっても続かないし。

でも、前半戦最後の試合でもホームランが出たし、オールスターではMVP。
後半戦はもしかしたら復調してくれるかな・・・?
山崎武司が復調してくれれば、今ハマっている楽天の悪い流れも、ちょっとは変わると思うけどなあ。

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

野村楽天、もはやこれまで?あまりに後味の悪い対西武3連戦
7/21(月) 楽天 4-6 西武
7/22(火) 楽天 2-14 西武
7/23(水) 楽天 5-14 西武

ひどい・・・あまりにもひどい。
3試合とも全くゲームになりませんでした。

ここに来て西武の勢いが少しなくなってきて、首位から最下位まで団子状態。
これからパ・リーグは面白くなるぞってところなのに、楽天が西武の手助けしちゃって・・・
お人好しにも程がある。
西武を追ってる他の4球団にホントに申し訳ないよ・・・

楽天にとっても、この3連敗はかなり痛い。
ここまで頑張ってきたけど、もともと選手層は薄いし、他球団との地力の差が出てきちゃったかな。
マー君が肩痛めちゃったし、さらに昨日はリックが肉離れしたみたいだし・・・最悪の流れ。
数字の上ではまだ借金7だけど、このまま混パから置いていかれる感じがする・・・

となれば、野村監督も今季限りか・・・
野村監督ファンの私としては続投してほしいのはやまやまだけど、
「契約は3年でも、もともと続投が規定路線」みたいな暗黙の了解がない限り、
客観的に見てかなり厳しい気がします・・・

奇跡が起きないかなあ・・・

☆楽天チーム成績 41勝48敗2分 .461 最下位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

”ジャパンのエース”ダルビッシュに楽天完敗
7/17(木) 楽天 1-3 日本ハム

この日は東京ドームに観戦に行ってきました。
予告先発の時点で、かなりの確率で負けを覚悟して行きましたが、
予想通り、ダルビッシュに軽くひねられちゃいました・・・

両チームのスタメン。
6番鉄平、7番山崎武司、8番草野と、楽天ではクリーンアップ並みの下位打線を組んだけど、
3人で9タコでした(苦笑)
スタメン


序盤は楽天打線も結構頑張ってて、アウトでもいい打球だったりしてました。
でも、5回以降はダルビッシュの前にさっぱりでした・・・
ダルビッシュのすごさを感じたのは6回表、2番中村が3塁打を放って1アウト3塁となったあと。
3番高須に対して、この日は見せてなかったようなものすごいストレートがビシビシと!
明らかにギアをトップに入れたのが分かりました。
ただでさえ打てないのにギアを変えられたらあとはもう・・・手も足も出ません。
ダルビッシュ

投手陣がドミンゴの3失点で踏ん張って、試合が壊れなかったのが救いでした。
でも、点差以上に印象は「完敗」。逆転できそうな感じがほとんどなかったもの。
ダルビッシュのすごさを、ただただ生で確信されられた試合でした。
というわけで、締めは結果のスコアボードwithダルビッシュで。
最終スコアとダルビッシュ

☆楽天チーム成績 40勝44敗2分 .476 5位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

10日ぶりの白星!”仕事人”高須が4安打4打点!
7/16(水) 楽天 5-2 日本ハム

やっと、やっと勝ちました・・・!
楽天が10日ぶりの勝利で、連敗を6(「5」の間違いです、すみません)でストップさせました。

先発の片山が、7回途中まで2失点の好投で2勝目。
連敗中のプレッシャーもあったと思うけど、よく投げてくれました。

片山のあとは、小山→川岸のリレー。川岸は前日の借りを返してくれました。
しばらくは、川岸がストッパー役になりそうですね。野村監督も以前「性格は抑えに向いてる」と言ってたし。
私も小山→川岸のリレーは、野村ヤクルト時代の山田→高津を思い起こさせる感じで、
何だかワクワクします。
そうすると、有銘は差し詰め、山本樹か加藤博人のイメージになるのかなあ・・・?

投手陣もさることながら、最近イマイチだった打線が昨日は久々に機能しました。

中心となったのは「必殺仕事人」の高須でした。
3回表は、ヒットの鉄平を中村がきっちり送ったあとに、先制の3号2ラン。
同点で迎えた7回表には、2アウト1・2塁から勝ち越しのレフト前タイムリー。
さらに9回表にタイムリースリーベースを放ち、4安打4打点の活躍でした。

私が一番大きいと思ったのは、7回のレフト前タイムリーです。
決勝点だというのもあるけど、最近の楽天打線は中押し・ダメ押しが取れないどころか、
中盤以降ヒットすら出なくなることもしばしば。
昨日も4・5・6回と3イニング連続で三者凡退で、ベンチも「またか・・・」というムードになっていたと思います。
そういう意味で、チームに元気を取り戻させる、7回の高須の一打だったのではないでしょうか。

☆楽天チーム成績 40勝43敗2分 .482 5位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

野村監督、選手&監督ダブル3000試合目は痛み分け
7/15(火) 楽天 4-4 日本ハム (延長12回)

昨日の試合で、野村監督が監督として通算3000試合となりました。
選手としても日本では最多の3017試合に出場している野村監督。
選手と監督のダブルで3000試合はメジャーでもいないそうで、
すごいなあと思うと同時に、改めて「記録のノムさん」だなあと再認識されられました。

そんなメモリアルの試合を白星で飾りたかったところだけど、残念ながら引き分けに終わりました。
9回2アウトから追いつかれたという点では勝てた試合だなあと思うけど、
追いつかれてから延長12回までは押されっぱなしだったので、よく負けなかったなあという思いも。
まあ、痛み分けってところじゃないでしょうか。

先発はルーキー・長谷部。約1ヶ月半ぶりの1軍マウンドでしたが、5回1/3を投げて3失点。
以前1軍にいた時は簡単に先頭打者にフォアボールを出してたけど、昨日は1四球で先頭打者にはゼロ。
状況を考えて投げるという意味では、昨日はまずまず良かったんじゃないでしょうか。
ただ、5回裏の2点目はもったいなかった。
ノーアウト1・2塁のピンチをゲッツーで2アウト3塁に持っていったのに、タイムリーを打たれてしまいました。
3塁にランナーが残ったとはいえ、日本ハム側としてはチャンスがしぼみかけてる状況。
きっちり抑えてほしかったです。

打線は序盤は4点取って長谷部を援護したものの、5回以降はわずかに1安打。
日本ハム投手陣の前に完全におとなしくなってしまいました。
その原因とまではいえないかもしれないけど、4回表の藤井のゲッツーの時にいやな予感はしました。
この回、横川のタイムリーで4点目を取って、なおも1アウト1・2塁。
ここは一気にたたみ掛けて、日本ハム先発・スウィーニーをKOしたいところ・・・で、
藤井が初球を打ってピッチャーゴロゲッツー。
初球を打つなとは言わないけど、ピーゴロはダメでしょ。ボールを絞って、せめて右に打ってほしかった。

追いつかれたあとは、渡辺恒樹と木谷が頑張りました。
有銘・小山・川岸のいわゆる「勝ちゲームでのリリーフ」を使い切ってしまっただけに、
よく引き分けに持ち込んだと思います。
とくに木谷は、1軍でまだ4試合目と経験の少ない中、3イニング無失点。よく投げました。
一発食らえば即サヨナラ負けの状況での好投。自信になってくれればいいな。

☆楽天チーム成績 39勝43敗2分け .476 5位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

鉄平が帰ってきた!どん底4連敗もかすかな光   
7/12(土) 楽天 5-7 ロッテ

勝てませんなあ・・・4連敗という数字以上にどん底です・・・

昨日は田中が先発でしたが、味方のエラーもあったとはいえ2回に一挙5失点。
今年のマー君は調子がイマイチなので、連敗ストップを期待するほうが酷なのかもしれませんが・・・

でも昨日は、明るい材料もありました。
ケガで戦列を離れていた鉄平が帰ってきました!

昨日は早速スタメン(7番)で出場。最初の打席でいきなりタイムリーツーベース。
ロッテ先発・成瀬のインハイのストレートを、腕をたたんでコンパクトに右中間へ。
いかにも鉄平らしいバッティングでした。

鉄平のタイムリーは、ロッテに5点取られた直後のものでした。
ここのところさっぱり点が取れなかった楽天打線が、敗れたとはいえ5点取れたのも、
5失点直後のチャンスで鉄平がきっちり仕事をしてくれたからだと、私は思います。

すぐに勝敗に結びつくかどうかはともかくとして、鉄平が帰ってきたことで、
打線の流れは多少なりとも良くなるんじゃないでしょうか。

☆楽天チーム成績 39勝42敗1分 .481 4位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

これぞ4番の仕事 フェルナンデス決勝タイムリー!
7/6(日) 楽天 7-5 西武

エース岩隈が5回5失点でKO。もうダメかと思ったけど、よくぞひっくり返してくれました。

岩隈が5点目を取られた直後に反撃できたのが、まず大きかったと思います。
6回表の横川の4号2ラン。これで1点差になって、楽天サイドに「まだ行けるぞ」というムードが生まれました。
さらに7回表、ノーアウト満塁から山崎武のゲッツーの間に同点。
本当はここで逆転してほしかったんですけどね・・・山崎ゲッツーって、おいおい(苦笑)。
山崎はずーっと調子悪いですよね。何だか、狙った球が来ても一発で仕留められてない感じ。心配です。

ともかく同点に追いついて、決勝点は8回表。フェルナンデスの2点タイムリー。
野村監督いわく、最近は山崎とともに「主軸なのに打てんわ」と名指しされているフェルナンデス。
でも昨日は、インコースの球をバットを折りながらもセンター前に運びました。

岩隈が先発した試合は、楽天にとって絶対に落とせない試合。
しかも昨日の場合は、負けたら借金生活という大事な試合でした。
それだけに昨日のフェルナンデスは、まさにチームを救う4番の仕事でした。
あとは山崎武だな・・・後ろにリックがいるし、つなぐつもりで気楽に行こうよ!頑張れタケシ!

☆楽天チーム成績 39勝38敗 .506 3位

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ